不倫の二人はスピリチュアル的な結びつきが強い!?

結婚したあとにおもいがけない恋をしてしまうこと・・・この世の中には少なくありません。では不倫関係のふたりは、通常とは違う出会いで結ばれたのだから、特別な結びつきがあるのでしょうか。

そんな疑問をお持ちの方に、そっとお届けしたい内容をご紹介します。

運命の人が既婚者だった時に起こること

あなたは「運命の人」と聞いてどういった想像をしますか。

白馬に乗った王子様のように、さっそうと現れて一瞬でハートを盗まれてしまうようなドラマチックな出会いを想像してはいませんか。運命の人に出会うのは、人それぞれ時期が異なります。

10代ですぐに出会う人もいれば、20代や30代以降になって出会う人もいて、その出会うシチュエーションもさまざまです。

ひとくちに運命の人といっても、いろんな運命があるのでその都度出会う人は「運命の人」なのかもしれません。

結婚相手としてであった運命の人、人生最後の恋愛をする運命の人、ライバルとして出会った運命の人などなど、本当にいろんな運命があるのです。

ここでは“心から惹かれる最後の人”という意味の運命の人について、お話しを進めていきたいと思っています。

人は生まれてから死ぬまでの間に、誰かに恋をして一喜一憂しながら人生を過ごします。

恋をするたびに「この人に出会えてよかった!」「この人が運命の人だわ!」と思うもの。

そう思えるのは、その時その人に真剣に恋をしているから・・・と言えるのかもしれませんね。

しかし、心から惹かれる最後の運命の人というのは、その多くが「結婚したあと」に出会います。

または、自分は独身だけれど相手がすでに既婚者だったというパターンもあるでしょう。

どんな立場にせよ、運命の人が既婚者だったとき、どんな変化があるのか気になるところですよね。

心の葛藤がものすごい

既婚者が運命の人の場合、独身同士とは異なり問題だらけといってもいいでしょう。

社会的問題があるため、心の葛藤がすさまじくこれまで経験をしたことがないような苦しみを味わうことになります。

現実問題として起こること

運命の人が既婚者の場合、不倫という大きな問題が目の前にはだかり、自分の中の良心と向き合う時が来ます。

もしそのまま突き進んだ場合には、二人だけの問題ではなく、双方の家族を巻き込むことにもなりかねません。

不倫でも出会う二人はスピリチュアル的に結ばれているのか?

「スピリチュアル」という言葉が何か特別ものすごいもののように思われているかもしれませんが、実は日常生活そのものもスピリチュアルなものです。

それがいつの間にか、目に見えない特別なものがスピリチュアルであるかのようになっていますが、そうではないことを知っておくといいでしょう。

そもそもスピリチュアルとは「精神性」や「精霊」「霊的」ということを指しますが、私たちが普段食事の前に「いただきます」と手を合わせることや「いってきます」「いってらっしゃい」と口にすることもスピリチュアルです。

お墓参りへいってご先祖様へ手を合わせるのももちろんそうです。心を添えてものごとを行うことこそ、スピリチュアルなことなのです。

では、不倫関係で出会うふたりは、そのような環境で出会ったのだから特別なものなのかどうか、という疑問を考えたとき、あなたはどのように思いますか。

その不倫関係のふたりが、どのような関係性かにもよりますが、ただの肉体関係のみの場合はスピリチュアルな結びつきはごく浅いと考えてよいでしょう。

「性欲」という煩悩の結びつきは強いかもしれませんが、精神性や霊的な深い結びつきではないと思います。

では、心から深くいいようのない感情が渦を巻くような不倫関係はどうでしょうか。

お互いをまるで自分の片割れのように思い、言い知れぬ唯一無二の存在だと強く思うような関係。

それはもしかすると、スピリチュアルな結びつきが強く結ばれたふたりなのだと、言ってもいいのかもしれません。

不倫でも出会う二人の前世は夫婦なの?

不倫関係として出会った二人は、そのような環境だからこそなんらかの結びつきがあったのではないか?と考えることもあるかもしれません。

もしスピリチュアル的な関わりが「前世」にあったとしても、それは必ずしもポジティブな関係だったとは限りません。

因縁の関係

前世で自分のパートナーが浮気をしたときの、その相手の今世があなたの今の不倫相手という因縁の関係だったこともあります。

課題をクリアする関係

もちろん前世で夫婦だったふたりが、課題を残して今世でそれをクリアするために出会った場合もあるでしょう。

また、前世でも不倫関係であり、全うできなかった関係を今世において成就させるために出会う場合もあります。

裏切りが背景にあった関係

前世において二人は間違いなく夫婦であったり、また不倫関係であった場合に、そのときにどちらかが相手を傷つけるなどして裏切ったことがあると、その修復をはかるべくして今世において出会ったという可能性もあります。

このように、不倫で出会った二人の前世が、必ずしも夫婦だったということはありえないのです。しかしなんらかの関係性があり、そのときの感情を魂が覚えていると、懐かしさや相性のよさなどを実感してしまう・・・それが、今世の不倫相手なのかもしれませんね。

スピリチュアル的に結びつきが強い二人の特徴

不倫にしてもそうじゃないにしても、人と人が出会って恋愛に発展するということは、なんらかの力が働いているからなのでしょうか。

では、スピリチュアル的な観点から、結びつきの強いふたりの特徴をあげていきましょう。

はじめてあった気がしない

はじめてあった人なのに、前に1度会っているような気がする・・・という人に会ったことがありますか?

お友だちのお友だちだったかな、それとも通勤途中で会っているのかな、などいろいろな可能性を考えてみますが、実際には本当に会ったことのない相手。

スピリチュアル的なつながりがある相手との出会いは、こんな感じかもしれません。

趣味や価値観などの共通点がある

決して多くの人がはまっているような趣味ではないはずなのに、その趣味が一緒でびっくりしたことはありませんか?

お金に関する価値観はもちろんですが、恋愛に対する考え方や社会的な考え方がとても似ている人に出会っていませんか。

けんかをしても別れる選択肢がない

普段はとっても仲が良くて、当人同士も「わたしたちってラブラブだね~」なんて言い合うくらいなのに、突然けんかが勃発して数日から数週間、なかには1カ月近く距離を置くなんてことも。

それなのに結果的には仲直りをして、「別れる」という選択肢がふたりのなかにはない、という特徴があります。

一緒にいることが当たり前のように感じる

相手と離れていると自分自身が不完全な感覚になり、逆に一緒にいるともう1人の自分といるような安心感を得る特徴があります。

たとえ会話らしい会話がなくても、同じ空間に一緒にいることでほっと安心できるようになります。

浮気性の男がスピリチュアル的に抱えているカルマの法則とは

あなたはカルマの法則という言葉を知っていますか。

日本語では「因果応報」という言葉で昔から知られているのですが、簡単にお話しをすると、自分でしたことは自分に返ってくる、ということになります。

これは「悪い事をした場合」に使われて、逆にいいことをした場合には「ダルマ」と呼ばれます。

いまあなたがパートナーの浮気に悩まされているのなら、あなたは過去世において浮気をしてパートナーを悲しませたことがある、ということになります。

ではあなたのパートナーが現在浮気をしているのなら、そのパートナーは過去世においてあなたの浮気によって悩まされたことがある、ということがいえるのかもしれません。

それがすべてではありませんが、カルマの法則として可能性はありうるのです。

また、浮気や不倫をする男性は魂の年齢が幼い場合などもいえます。

ちなみに、なぜ浮気は罪なのでしょうか。実は浮気が罪だと決めたのは社会に暮らす上での人間が作ったルールです。

一夫一婦制ではない国へいけば、妻以外の女性と交わることは罪とはいえなくなってしまいます。感情や社会通念など、様々な要因がありそうですね。

不倫の二人はスピリチュアル的な結びつきが強い!?まとめ

人はもともと興味のそそる人物や物事に惹かれていくものです。

スピリチュアル的な結びつきが強いかどうかは、あくまでも関係性によって異なるでしょう。

揺れ動く気持ちをどのように自分自身で対応していくかによって、人生は変化していくのかもしれません。

不倫占い新着記事